本文へスキップ

「真のパートナー」を目指して技術と経験、そして柔軟な発想力でトータルサービスを提供します。

TEL. 03-3364-0211

〒161-0033 東京都新宿区下落合1−3−6

ホーム > 先輩の声 > K.T

先輩の声VOICE

K.T(平成9年入社 係長)

質問現在のお仕事を教えてください。

回答調査結果の集計システムの構築および運用や、速報業務の構築および現場対応をしています。また流通業の会計業務補助用システムの構築および保守について兼務しています。


質問専門スキルはどのように身につけていますか?

回答構築スキルは専門書やWebなどで把握します。基本ロジックの習得後は色々試しながら誰にでもわかりやすい、ロジックの構築を心がけています。 業務知識などは顧客からのヒヤリングや専門書などで習得します。基本的に軽いメモなどを残しあとで、ノートなどにまとめると記憶に留まりやすいですね。記憶の反復をすることで、長年の経験と呼ばれる知識が増えると思います。
どちらのスキルも本当に把握できたか確認する意味では、資格試験などを受験してみて自己啓発してみると良いと思います。
当社も資格手当が充実した環境ですので。


質問これからの会社に期待する事はなんですか?

回答この会社に入って良かったと実感できる会社であって欲しいですね。
たまたま入って惰性で業務に従事して、気がついたら定年っていうのも悪くはないですけど、 入社して直ぐ実績が作れる環境があると、モチベーションを維持したまま次のステップに行けると思います。
具体的には社員一人一人が常に考え、自ら考える自発性を会社が尊重し、上司への報告は必要最小限にとどめる。業務の遂行は自分で考え、自分の判断で進めるPDCAサイクルが完結的に実践できることが望ましいですね。そうすることで、業務のスピードやオリジナリティも発揮できるのでは?と思います。
会社はその環境づくりが必要なんだと思います。
業種は違いますが、ある会社ではそういった理念で成功している所もあるみたいですし・・・。
冷たい言い方をすると企業が人を育てる時代は終わったと思いますが、では新卒の方はどこで育てばいいのかと言うと決して学校では育たないと思うんです。
育成=経験値ですからそう言うフォローアップは必要だと認識しております。
当社も人材育成では、各種講習なども含めて実践している会社だと思います。


質問仕事の上で嬉しかった事、辛かった事はなんですか?

回答やはり顧客からの感謝の言葉は嬉しいですね。
仕事をしている訳ですから対会社と言うことを意識しがちですが、個別に一個人として可愛がってもらったりすると俄然仕事に対する思いも変わってきます。
また意思の疎通や業務知識が足りないなどの原因で、顧客が満足を得る仕事が出来ない時は、やはり辛いと感じます。
顧客満足度は往々にして、自分に返ってくるものだと思いますから。
当社はより身近な関係で、顧客との信頼関係を結べる言わばface to faceの会社だと思います。


質問仕事に対してやりがいを感じるときは、どんなときですか?

回答どんな些細なことでも障害と感じる事にぶつかって、乗り越えた時は、やりがいを感じます。
乗り越える対象が大きければ、達成感も格段にあがると思います。
この歳になると、達成感よりも疲労感の方が強いかも知れませんが。
ようはどんなことでも感じたりや考えたりすることが大切だと思います。
あとはポジティブシンキングも必要ですね。
「自分はダメなんだ」と感じたとき、ダメな部分をどのように補うかまたは克服するかを考えて行動しているといつの間にか結果がついてきたりもします。


質問ご自分の目標はなんですか?

回答どんな事でもいいから、特化した人材になりたいですね。
一応、経験した業務知識などはある程度、実績としてありますが、まだまだ足りない面もあるので、貪欲に知識を広げてみたいと思います。例えば、会計や経理などの知識で言えばお金の動きを知ることで企業体力などがわかりますし、基幹業務は会社の中枢なので結構役に立つ知識だと思います。そういった部分をより強化できればと思います。
当社では幅広い業務を遂行しているので、多方面に目標設定できると思います。


質問休日はどう過ごされていますか?またはリフレッシュ方法はなんですか?

回答一番はやっぱり子供と一緒に遊ぶことですね。
子供の成長を感じることは、親の成長にも繋がりますし、子供がまだ小さいので一緒になって考えたり悩んだりすることで、人間としての幅が広がる感じがします。
子供たちを教育すると言うより、子供たちから学んでるって感覚ですね。
社会人になって仕事とプライベートでメリハリをつけると、どちらも良いバランスでストレスフリーな人生がおくれると思います。 特に仕事柄、体を動かすことが不足しがちですので、歳をとっても困らない程度の運動などを継続的にすることは大事ですね。



先輩の声へ戻る