CMCロゴ

株式会社コンピューターマネジメントセンター
2020年新卒採用サイト

ママ×ママ

社員対談 #04
ママ × ママ

トップ

社員対談

ママ × ママ

PROFILE

M. S.(トップ画像右)

第二サービス本部 / 第三情報処理部 / 業務三課 / 主任
M. S.

N. M.(トップ画像左)

総務部
N. M.

INTERVIEW

育児休業を取得された二人のママにご登場いただき、CMCの制度や社内の協力体制、復帰後のキャリアなどについて話していただきます。まずは自己紹介をお願いします。

M. S.

第二サービス本部で主任をしています。約2年前に育児休業から復帰しました。現在、子どもは3歳になります。

N. M.

総務部に所属しています。私は4歳と1歳の子どもがいて、どちらの時も育児休業を取得しました。現在は、第二子の育休から復帰して2ヶ月になります。

育休を取得する際の部内の状況、また復帰してから現在の社内の状況などについて感じてらっしゃる ことはどんなことでしょう?

M. S.

システム系社員での育児休業は前例がなく、私が初のケースでした。上司に相談すると「今後の女性社員のモデルケースとなるためにも、ぜひ育児休業を取得して欲しい」といってもらえました。またタイミングも、ちょうど私が出向から戻ってきた時期でした。プロジェクト途中などで業務が中途半端になることがなく、取得しやすかったということもありますね。部内の同僚も快く応援してくれました。私が育休を取得してから数年が経ちますが、当時に比べて社内の細かいルールなど色々なところが改善されているなと感じますね。

N. M.

私も2回目の復帰後である現在の方が、社内の働き方が柔軟になっていると感じます。子どもが小さいうちは発熱や体調不良など突発的なハプニングがありますよね。私はまだ子どもが小さいので急病対応などで職務に専念することが難しい日も。そんな場合も、周囲が協力して子育てをしながらでも働きやすい雰囲気を作ってくれているので、感謝しながらより一層頑張ろうと思えます。

M. S.

復帰直後はサポート的な業務に就くと思っていたのですが、私の部署は業務が大変多忙でもあり、周りの方に復帰するのを待っていただいていたこともあって、すぐ主戦力としてプロジェクトにアサインされました。最初は勘を取り戻すことや時間のやりくりでかなり苦労しましたね。現在は時短勤務の制度を使っています。部のみんなの協力もあり、ほぼ時間通り帰っていますよ。

N. M.

私も上司や同僚の協力のおかげで急に休みや早退をしなければいけない場合も快く送り出してもらっています。子どもの体調が優れない日などは、朝すぐに上司に相談して、その日の業務の優先順位を変えてもらうこともありましたね。CMCの社風は人間関係が良好なことだと思うのですが、現在はそれに助けられています。

復帰までに事前にやっていたことやご家族で取り決めをされたことなどはありますか?

M. S.

復帰までにやろうと思ったことは色々ありますが、とにかく忙しくて時間がとれなかったです(苦笑)ただ体調管理にはとても気を遣っていましたね。

N. M.

私も体力面には気を遣っていました。時間の使い方は意識して工夫するようになりましたね。

M. S.

夫とは、スケジュールアプリで予定を共有して、お互いに休めない日などを明確にして、分業して子どもの世話をしています。保育園の送り迎えは、時短勤務中の私が基本的には担当しています。

N. M.

私も基本的には私が送り迎えをしていますが、その時の状況に合わせて分担できるようにしています。それでも時間が足らないと感じることが多々ありますね。

今後のキャリアプランや会社の制度などについて、考えてらっしゃることや要望があれば教えてください。

M. S.

現在のプロジェクトでは、全ての工程を自分一人で担当しています。そのため、周りの社員と予定を調整する必要がなく、働きやすい状況です。しかし、先ほども話したように、どうしても急に休まないといけないことがあるので、突発的な業務に即応するのは 難しいですね。また、自分が休んだ際には他の社員に対応を代わってもらわねばなりません。そのために、自分の業務の改善を試みているところです。

N. M.

私は復帰後は新しく始まった業務に携わるようになりました。今は新しい仕事に関して事前にしっかりと学習したり入念に準備をしたり、スムーズに進められるよう注力しています。まだ業務が本格始動しておらず、今後の仕事量がはっきり読めない点が少し不安です......。

M. S.

どんなに準備をしていても、子どもが体調を崩した時や病み上がりで保育園に預ける時は、「いつ呼び出しの連絡が来るだろうか」と不安になりますよね。

N. M.

そうですよね。急な休みを想定して、その日にできることは終わらせて帰るように心がけています。

M. S.

私もです。それでも育児休業中、そして復帰直後は部の同僚に協力してもらうシチュエーションも多くありました。今後、落ち着いたら恩返ししたいですね。具体的には、業務を効率化し、部全体が楽になるようなシステムを作りたいと考えています。まずは私自身から、と担当している業務をどんどんシステム化し、自動的に行えるように変えています。将来的にはそれを部内で共有したいですね。

N. M.

恩返しという気持ちは私も復職後に強く意識をするようになりました。私は裏方に徹してサポートすることにやりがいを感じるので、それを活かして、今後は今より少し視野を広げた経営企画的なことも勉強してみたいです。産前産後休暇から育児休業を経て復職した経験をもとに働きやすい社内環境づくりに携わりたいと考えています。

M. S.

働く環境といえば、今後はCMCも在宅勤務ができるようになると良いなと思います。また、子どもが小学生になると、学童保育に預けることになりますが、通常の勤務形態ではお迎え時間に間に合いません。継続して働くためにも、子どもが小さい時期だけでなく、就学時にも時短勤務ができるなどの制度ができるとありがたいですね。

N. M.

女性の社会進出が当たり前になっている時代ですし、当事者である私たちはもちろんですが、今後も男女問わず子育てや介護をしている社員が働きやすいCMC独自の制度なども整備されてくるといいですね。ママ同士でお互いに情報共有や相談ができるのは心強いです。

M. S.

私も同じ気持ちです。これからもよろしくお願いします。

N. M.

保育園に預けてまで続ける仕事なので、子どもにとっても意味のある時間をこれからもCMCで働きながら経験していきたいですね。